30年史のために(7) 戸手三丁目八番十二号 関田寛雄

長男の喘息を癒すため少し環境の良い所に移りたいという
希望を持った時、最も力強く相談に乗ってくれたのは繆とよ姉であった。
「顔の広い」とよ姉は親しい大工さんを紹介して下さり、
二人で現地を見に来た。経済的にもあまり余裕のない私たちは
売り出し中の一戸分を購入する予定であったが、とよ姉は主張した、
「先生、私が援助するから並んでいるもう一戸分も併せて買いなさい。
きっと何か役に立つ事があるから」と。人生の先輩でもあり商売上の
ベテランから強く言われると、私としては返す言葉もなく、
とよ姉の言葉に従った。そしてその言葉の通り、後日この一戸分の
空き地にバラックの「こひつじ保育園」を
設けることになったのであった。
その帰路、とよ姉が言った言葉が今、尚私の耳にはっきり残っている、
「先生、この土地に十字架が立つといいですね」と。
よく「世事に長ける」人と呼ばれる人が居るが、
正にとよ姉はそういう人であった。
「世事」に明るい人が信仰によって働き始めると実に
すばらしい事が起されるのである。とかくクリスチャンというのは
人が好いが、余り「世間」の事に明るくも強くもない人が
多いと言われるが、これはとんでもない誤解であろう。
むしろ「世間」のどさくさの中でこそ
信仰はその力を発揮するのではないか。
主イエスの言葉に「この世の子らは、自分の仲間に対して、
光の子らよりも賢くふるまっている。(中略)だから不正にまみれた
富について忠実でなければ、だれがあなたがたに本当に価値あるものを
任せるだろうか」(ルカ16:8-11)というのがある。
この「賢さ」が大切なのであるが、とよ姉はその点において、
この「賢さ」そのものを身に付けていた人ではなかろうか。
私のような「愚かさ」の中でウロウロしている者は、
どんなにかとよ姉の予想、判断、指示に感嘆させられた事か。
とよ姉が組んでくれたローンを、妻が銀行に納入する姿を
陰でこっそり見守ってくれていたのもとよ姉であり、
私たちは後日そのことを知らされ、その配慮の深さと細やかさに
驚き入ったことであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です