台風19号関連情報(8)10/14、 8:26

皆様

「昨日の報告と今後について」(感謝とお願い)

1.復旧に駆けつけて下さった皆様

在日大韓教会川崎教会の皆さん
横浜YMCAの皆さん
神奈川教区の皆さん
その他の皆さん
教会員

総勢 23名

2.昨日の作業
(1)土砂の除去(多いところでは膝までの高さ)
河川敷全体に積もった大量の土砂(ヘドロ)を放水しながら取り除く作業
教会の前の土砂を取り除いた時はちょうどお昼ごろでした。

(2)地域内高齢者のお宅の支援(主に教会員で対応)

(3)川崎戸手教会
1階は水没しましたので、悲惨な状態でした。
過去に経験した水害の3倍を超える浸水量でした。
作業がほぼ完了した部分:礼拝堂、台所、廊下、ベランダの一部
残された部分:水上の間、2階

3.本日の作業
(1)昨日運び出したゴミの撤去(清掃車が来てからになります)
(2)水上の間の掃除(ほとんど手つかず状態です)
(3)横浜YMCAから20名ほど来てくださる予定です。
(4)9時頃からぼちぼち始めています。

4,本日ボランティアに来てくださる方々へ
できれば長靴をご持参ください。

5.昨日、お手伝いいただきました皆様へ
心より感謝申し上げます。
何の慰労もして差し上げることなく泥まみれの状態でお帰しし、感謝するとともに申し訳なく思っております。
皆様の上に、神の報いが豊かにありますようお祈り申し上げます。

★ お願い:昨日、泥だらけで写真を殆ど撮影していません。
もし昨日の写真を撮られた方は、メールでお送りいただければ幸いです。

6.教会員の皆様へ(連絡事項)
(1)本日予定していた臨時役員会は行いません。
(2)作業終了後、集まった教会関係者で今後のことについて話し合いたいと思います。
(3)内容:オルガン、台所、殆どの教会的機能を失いました。建物も破損しています。現場を見ながら、今後について話し合いたいと思います。

7.むすび
大切なものを多く失いました。
中にはお金で解決することの出来ないものもあります。
キリスト者は口ではイエスを主と呼び、神の被造物、所有であると申しますが、
実は多くのモノを所有しながら、その所有物に支配されいるのでしょうね。
大切なものを廃棄しながら聖書のみ言葉が脳裏をよぎりました。

「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。 」マルコ8.34

震災に意味など問いはしません。それは所詮護教論に過ぎないから。
ただ困窮する人と共に働き、祈り合わせる所に神がおられるのだと信じます。

孫裕久

連絡先

自分の携帯を水に落とし壊しました。現在繋がりません。
現在以下の電話番号を使用中

090−23312829

補足です。

本日作業について、教会員から補足ありましたので転送します。

1.教会の前の道が泥まみれのぬかるみです。長靴は、土手を降りるところから必要です。
2.会堂内の泥は、だいぶなくなりましたが、まだ泥まみれなので、泥がはねても構わない服装と、帰りのための服があった方がいいと思います。
3.会堂内や周辺には、泥が付かないテーブルなど荷物置き場がないので、手荷物や着替え、貴重品などは、牧師館に置かせていただくのがいいと思います。
4. みなさん働き詰になりがちなので、イスの座面だけでもきれいにして、休憩スペースを作っておくといいと思います。
5. 連絡先の電話番号の携帯は、孫先生が持っていると思いますが、作業中は泥まみれで応対できないので、どなたか、連絡係を決めて置くといいと思います。

以上

 

2件のコメント

  1. 遅くなりましたが、洪水見舞い申し上げます。多摩川の洪水のニュースに触れ、戸手教会がどのようになっているのか、心配していました。2階まで浸水したとのこと、また孫先生が怪我されたと聞きましたが、大丈夫でしょうか? 

    1. 瀬戸先生
      ご心配ありがとうございます。
      もう慣れてます、と言いたいところですが、今回は流石に凹んでいます。
      しかし、身体は大丈夫です^^
      頑張ります。
      お祈りお願いいたします。

      孫裕久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です