真相

マルコ福音書6.16-29 バプテスマのヨハネはヘロデ王に捕らえられ処刑された。マルコはその真相を詳しく報告している。ヨハネはヘロデに対しヘロディアとの婚姻問題について批判した。ヘロデはその批判が動乱につながることを恐れ…

続きを読む →

主により頼み

マルコ6:6b-13 信仰とはそれが生起する必然である。信仰者にとって信仰とは重要なテーマである。信仰者は自らの不信仰と向き合いながら信仰を深めようとする。しかし信仰とは頭で考えて得られるものではなく、又信仰というものを…

続きを読む →

不信仰の正体

マルコ6:1-6a イエスは故郷のナザレで歓迎されなかった。幼少からのイエスを知る故郷の人々は肩書のないイエスに躓き、その教えや奇跡の事実を直視出来なかった。イエスはそのナザレでわずかな病人しか癒やされなかった。マルコは…

続きを読む →

信じなさい

マルコ5:21-43 会堂長ヤイロは瀕死の娘を癒やしてもらうべくイエスを家にお連れする道中にあった。そのヤイロのもとに娘の訃報と、この上イエスをお連れする必要のない旨が知らされた。しかしイエスは「恐れることはない、だた信…

続きを読む →

かまわないでくれ

マルコ5:1-20 異邦人の地でイエスが出会ったのは、墓場を住まいとする汚れた霊に取りつかれた人であった。私たちの状況に照らして言い換えるなら彼は街区に住む人ではなかった。人が住まない場所(中)で暮らす姿を街区(外)の視…

続きを読む →