地の塩、世の光

マタイ5:13-16 地の塩、世の光とは、この社会にあって無くてはならい存在をたとえている。しかし同時にそれぞれが全く逆の意味を兼ね備えている。 料理で塩は欠かせない調味料である。しかし塩味が強過ぎると食事が台無しになる…

続きを読む →

神と共にあれ

ヨブ記23章 それゆえ、わたしは御顔におびえ/考えれば考えるほど、恐れる。 神はわたしの勇気を失わせ/全能者はわたしをおびえさせる。 わたしは暗黒を前にし/目の前には闇が立ちこめているのに/なぜ、滅ぼし尽くされずにいるの…

続きを読む →

愛を生きる(2)

主イエスの愛は、隣人に制限なく友になっていく愛であった。一方使徒パウロの愛は共同体がその主イエスによって一つになる為の愛であった。そしてこの愛は忍耐であった。 主イエスはユダヤ教内で罪人の問題を背景にしていたが、パウロの…

続きを読む →