それでも種を蒔こう

マルコ13:1-13 マルコ13章は終末についてイエスの教えが記されている。イエスはエルサレム神殿の崩壊を予言した。ユダヤ人にとって神殿崩壊は終末にも等しい大事件である。弟子たちは終末の徴をイエスに求めた。イエスはこれに…

続きを読む →

比べない

マルコ12:38-44 イエスは律法学者の偽善を見抜いた。彼らはいつの間にか他者よりも偉く神の国に近い(先方にある)ことを望み、後方にいる者たちを食い物にしていた。 社会に生きる人間は須らく他者との比較なしに「私」を認識…

続きを読む →

辻褄に勝る矛盾

マルコ12:35-37 予言によればメシアはダビデの末裔である。しかしその血筋でないイエスをメシアと信仰するキリスト教会は辻褄を合わせなければならなかった。曲がっている物を無理に真っ直ぐに見ようとするのは曲がっている。曲…

続きを読む →

生きている者の神

マルコ12:18-27 復活を認めないサドカイ派の人々は、義兄弟結婚による復活の矛盾点を材料にイエスに論争を持ちかけた。これに対してイエスは、復活後は天使のようになって世俗の慣習に囚われないこと、また族長たちは既に復活し…

続きを読む →