人に仕える神

マルコ10:35-45 弟子たちの「誰が一番偉いか」という議論の背後には、イエスが王座についた後の重役ポスト争いがあった。今日的に言い換えれば入閣して財務大臣か外務大臣のポストを狙うようなものかも知れない。省庁には大勢の…

続きを読む →

復活

ルカ福音書24.1-12 空虚な墓はイエスの復活を伝えているが、同時にイエスは此処にはおられないことを強調している。 キリスト者の日常は復活のイエスに出会い且つ復活を伝えて行く所にある。にも関わらず復活を説明するのは、理…

続きを読む →

受難

マルコ10:32-34 「もしあなたを傷つけたとしたら申し訳ありません。」これは謝罪の常套文句であるが、傷つけられた方としては真に残念な言葉である。求めている本質は理解であって謝罪はその理解の延長にある必然に過ぎない。 …

続きを読む →

子どものように

マルコ10:13-16 長年病に苦しんだ女がイエスに触れて癒やされた(マルコ5.25~)。それは彼女がそれを信じた信仰の結果であって触れた事は付属的に過ぎない。しかし人々の間では触れる事がひとり歩きした。弟子たちが子ども…

続きを読む →