かまわないでくれ

マルコ5:1-20 異邦人の地でイエスが出会ったのは、墓場を住まいとする汚れた霊に取りつかれた人であった。私たちの状況に照らして言い換えるなら彼は街区に住む人ではなかった。人が住まない場所(中)で暮らす姿を街区(外)の視…

続きを読む →

恐れと信仰

マルコ4:35-41 恐れと信仰は天秤の関係にある。恐れを伴わない信仰の旅路はない。恐れが増す時信仰を見失い、信仰に満たされる時恐れは遠ざかる。恐れと信仰は常にそのような緊張関係で共存している。信仰故に全く恐れを知らない…

続きを読む →

聞く耳のあるもの

マルコ4:1-20 また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは三十倍、あるものは六十倍、あるものは百倍にもなった。」そして、「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われた。(4.8-9) イエスは教えを…

続きを読む →

中に入る

マルコ3:31-34 イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、周りに座っている人々を見回して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なの…

続きを読む →

嫉妬

マルコ3:13-19 イエスの新しい教えがベルゼブルによるとの誹謗に対して反論するのは時間の浪費である。ベルゼブル論争の中心はそこにはない。イエスの敵対者はイエスの評判に嫉妬した。ベルゼブル云々はその嫉妬から生まれた汚れ…

続きを読む →

多忙な宣教

マルコ3:13-19 イエスは弟子群の中から特別に12人を任命し使徒と名付けた。使徒とは「遣わしたものの正式な代理であり、委任された事柄を忠実に実行する限りに置いて、遣わしたものと同様なものとみなされる役職」である。 宣…

続きを読む →

民度

財務大臣の使った言葉ですが、辞書によれば「民度(みんど)とは特定の地域・国に住む人々の平均的な知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされる。」と記されていました。 新型コロナウィルス拡散による自…

続きを読む →