天の富

マタイ6:19-24 「富は、天に積みなさい。」(6.20) 天に積む富とは何か、如何にしてその富を天に積むことが出来るのか。イエスはそれを具体的に語ってはいない。そもそもイエスはここで積極的に天に富を積むことを勧めてい…

続きを読む →

主の祈り

マタイ6:7-15 神仏への祈願は崇高な存在に願いたてまつり、その結果を待ち望むしかない。それに対して主の祈りは、そこに祈る者と神との関係が示され、その祈りはその関係、自らの責任と生き方を再確認させる。 主イエスは祈りに…

続きを読む →

偽善の戒め

マタイ 6:1-6 , 16-18 律法は弱者のために定められた。しかし人間は自己正当化と他人を裁くために律法を用いた。即ち律法は弱者救済(隣人救済)ではなく、人間個人が救いの高みへ登るための道具に成り下がった。これを本…

続きを読む →

敵を愛しなさい

マタイ5:43-48 「汝殺すなかれ」等、律法の禁止令はそれを行わなければ罪にならない。しかし「隣人を愛せよ」は不履行によって罪となる。そこで隣人とは誰か、どこまでを隣人とするかが関心事となった。即ち、民にとって「愛せよ…

続きを読む →

弱者への戒め

マタイ5:38-42 あなたがたも聞いているとおり、「目には目を、歯には歯を」と命じられている。しかしわたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。(マタイ5.3…

続きを読む →

然りを然り

マタイ5:33-37 わたしの名を用いて偽り誓ってはならない。それによってあなたの神の名を汚してはならない。私は主である。(レビ記19.12) この律法は十戒(出20.7)の「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない…

続きを読む →

強者への戒め

マタイ5:27-32 出エジプトの民は解放されシナイ山で律法を授かった。これは力の支配から律法の支配の支配へ変わったといえる。即ち、力が弱者を支配する世界から律法が弱者を力から保護する世界へと変わった。律法とは本来、弱者…

続きを読む →

地の塩、世の光

マタイ5:13-16 地の塩、世の光とは、この社会にあって無くてはならい存在をたとえている。しかし同時にそれぞれが全く逆の意味を兼ね備えている。 料理で塩は欠かせない調味料である。しかし塩味が強過ぎると食事が台無しになる…

続きを読む →

神と共にあれ

ヨブ記23章 それゆえ、わたしは御顔におびえ/考えれば考えるほど、恐れる。 神はわたしの勇気を失わせ/全能者はわたしをおびえさせる。 わたしは暗黒を前にし/目の前には闇が立ちこめているのに/なぜ、滅ぼし尽くされずにいるの…

続きを読む →