最後の者

マルコ 9.33-37 「いちばん先になりたい者は、すべての人が後(最後)になり、すべての人に仕える者になりなさい」(マルコ9.35) これは急がば回れという類の意味ではない。この世で最後を行けば、後から神の国で先を貰え…

続きを読む →

救いを叫ぶ声

マルコ9.14-29 「おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」イエスは言われた「『できれば』というか信じる者には何でもできる。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のない(信じない)わたしをお助…

続きを読む →

律法と預言と福音と

マルコ9.2-13 キリスト教は、人間は自らの努力によっては救われないことを殊更強調する。その理由というべきか目的というべきか、そのひとつは「人間は須らく罪人で神の恵みによってのみ救われる」ことを伝道の柱としているからで…

続きを読む →

道程

マルコ8.22-9.1 イエスは何者か?それは神の子メシアである。福音書記者はそれを理解して欲しいと願いつつも、その結論部分だけを知ることを拒否しているようだ。 ベトサイダで一人の盲人がイエスに癒やされた。彼の視力は徐々…

続きを読む →

他者中心の神

マルコ8.14-21 イエスは「まだ悟らないのか」と言われた。(8.21) 弟子たちの致命的な問題はイエスが共にいる事を気づいていない点にある。故にイエスは「目があっても見えないのか」と嘆かれる。イエスの「ファリサイ派の…

続きを読む →

愛は語らず

マルコ8.11-13 ファリサイ派の人々がイエスにしるしを求めた。しかしイエスはこれを拒んだ。 ここでしるしとは奇跡を意味している。イエスは救いを求める人々に奇跡(しるし)をもって応えた。しかしファリサイ派の人々は救いを…

続きを読む →

新しい道

マタイ2.1-12 東の国から訪れた占星術の博士らは、今日でいうところの星占い師である。ユダヤ教はこの占い・魔術の類を避けた。これは異教の占い師がユダヤ人の王として生まれた方を拝みに来た物語である。 彼らは黄金、乳香、没…

続きを読む →

インマヌエル

マタイ福音書2:1-8 インマヌエルとは神が共に在るという約束である。孤独や苦境に置かれた人にとって共に居てくれるという約束は何にも代えがたい喜びである。しかし一方、約束する側は相当の決意が要求される。インマヌエルの行間…

続きを読む →

帰路を案じて

マルコ福音書8:1-10 わずかなパンで大勢の群衆が満たされた奇跡物語は既に(6:30~)見た所である。しかし今回はパンを共有した動機に前回との違いを確認する。 「空腹のまま家に帰らせると、途中で疲れ切ってしまうだろう」…

続きを読む →